【2017年】ビジネス英会話を学びたい人におすすめのオンライン英会話5社

ビジネス英会話を学びたい人に私がオススメするオンライン英会話5社
スポンサーリンク

ビジネス英会話について

ビジネス英会話とは

ビジネス英会話とはそのままの意味にはなってしまいますが、ビジネス英会話とは仕事の場面で使う英語のことです。しかし、英語には尊敬の意を表す「敬語」がないと聞いたことがある場合は、それであれば友達に対しても目上の人や上司に対しても、同じ表現で話しかけることになるのではないかと考える人もいらっしゃるだろうと思います。

しかし実は、敬語が無いといわれる英語にも「丁寧語」は存在するのです。日本語に置き換えるとすると、「ちょっと聞きたいんだけど」という表現を丁寧にする場合は「ちょっと聞きたいのですが」となりますよね。このように相手に対して失礼にならない、尊敬語では無いけれども尊敬を表したり控えめさを表したりできる表現のことです。英語圏ではビジネスの場であろうとも上司と友達のように親しければ、一緒にコーヒーを飲んでいる時にはカジュアルな表現を使い会話する場合が多々あります。しかし、初めて会う取引先のお客様へやミーティングに参加した時などにいつも話しているように発言してしまっては、「馴れ馴れしい人だな、軽い人だな」などの不快感を与えることになってしまうでしょう。それゆえ、この時に使用しなければいけない英語文法や語彙、表現を日常会話を一線を置く形として「ビジネス英語」と呼びます。

では、私たちが日本の会社で上司や取引先に使う表現を英語にそのまま訳したもので通じるのでしょうか?答えはNo、英語圏では通じません。もしかしたら文脈を理解してくれ通じることもあるかもしれませんが、「英語が得意ではないのだろう」や、「なぜそのような表現をするのだろう」と違和感などを与えることは間違い無いでしょう。その理由は、日本文化と海外の文化が全く違うから。文化が違うと考え方も違ってきますので、英語を話すのであれば英語圏で使われている表現を使用しなければいけません。そのために、英語教室のコースを見てみると日常英会話とビジネス英語が分かれているように、普段話す英語とは別のものとして学ばなければいけない「ビジネス英語」があるのですね。

ビジネス英会話の特徴

では、ビジネス英語が持つ特徴は一体なんでしょうか。言い回しにはいろいろありますが、
主な特徴としては、以下の3つになります。

・業界ごとの専門用語が多い
・関係代名詞を使って、長い文や複雑な文を言う場面が多い
・丁寧な言葉を使う

これらが主なビジネス英語の特徴です。

ビジネス英会話の特徴アメリカのドラマなどをよく見る方だと気付かれるかと思いますが、例えば「フレンズ」などの日常生活を描いたドラマではひとつひとつのセリフがとても短く、語彙も俗語と言われる若者が使ったり親しい間柄の友達との会話の中で使うスラングが飛び交ったりします。その一方で、例えば「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班〜」などの仕事現場の会話を垣間見れるドラマには、日常会話で使わないような単語がたくさん出ます。また、話し方もかしこまって見えると思います。

通常日常会話から英語の学習に入ると、簡単な短文で相手にシンプルに伝わる英語をまず学びます。しかしそれらの表現を仕事の現場で使うと、例えるならば大人相手に子供が話しているように聞こえてしまうんですね。仕事の場所での言い回しを変えることで日本語でもあるように、あなたが賢そうに見えたり、もっと意見を聞いてみたいという気にさせたりすることが可能なのです。お伝えしたビジネス英語の3つの特徴を意識し、営業職・医療従事者・接客業などで使う単語が全く違うので、その分野でよく使われる単語と共にビジネス英語を学んでおく必要があります。

また、相手に何かを頼むときにどう表現をするかがビジネス英語ではとても重要になります。日本語にも「〜ですか?」「〜でよろしいでしょうか?」などの幾つかの丁寧な表現が存在するように、英語にも同じ意味を伝えるためのたくさんの丁寧な表現が存在します。それに加え、英語を話す人は同じ表現を何度も繰り返し使うとくどくなってしまうので使わないという特徴があります。その為、同じ表現でも幾つかのパターンを覚え使いこなせることがビジネス英語の学習には必要になってくるのです。

後からメールしてください。
①Send me an e-mail later, please.
②Can you send me an e-mail later?
③Could you send me an e-mail later?
④I wonder if you could send me an e-mail later.
⑤I was wondering if you could send me an e-mail later.
⑥I would really appreciate if you could send me an e-mail later.
⑦Is it possible for you to send me an e-mail later?
⑧Would you be able to send me an e-mail later?
⑨Would it be possible for you to send me an e-mail later?
⑩I was wondering if it would be possible for you to send me an e-mail later?

ここに、10つの英語を書き出してみました。きっとお分かりだと思いますが、すべての文が意味していることは、ほぼ同じです。しかしその中で、上の6つに比べ、下の4つは特に丁寧な表現になっています。ネイティブの友人に聞いたところ、⑩の文は丁寧だけど長すぎるそうなので、一番いいのが⑧と⑨、次にオススメなのが⑦だそうです。英語で丁寧に相手にお願いする際には、長すぎは良くありませんが⑦⑧⑨の表現を参考にしたいですね。

ここでひとつお伝えしておきたいのが、このようなビジネス英語をしっかりと勉強していないと、誰かに何かをお願いするときに上から目線で話しかけていると感じさせてしまう英語を使ってしまうことが多いということです。そのような方たちは、とりあえずpleaseをつければ丁寧になるかなということで、Please send me an e-mail later.やCan you send me an e-mail later, please?と言っていることが多いでしょう。本当に仲良しの友達であれば大丈夫なのですが、何度も仕事の場で使ったりすると、高圧的に話しかけられていると感じることがある、と以前友人が言っていたことがありました。私たちは「Please」をつければ丁寧な言葉になると学校で習い、大丈夫だと信じて使っていますが、その表現のせいであなたの間違った印象を同僚に与えてしまっているときがあるかもしれません。

ちなみに、上記に英語で10通り同じ意味の文を書きましたが、日本語で「後からメールしてください」という言葉を丁寧にしたり敬語に変えるとしても、あなたは10通り言うことができるでしょうか?筆者は4つ程しか見つけることができませんでした…先にお伝えしたように、遠回しに言えばいうほど丁寧になるということは、丁寧になればなるほど文が長くなるということになると推測ができます。「英語は結論を先に言う言語だ」と聞いたことがあると思いますが、丁寧な表現になると頼みたいことが文の最後にくるので、これと矛盾をするように感じられます。こう考えると、英語とはとても奥深い言語に感じられませんか?また、挙げた例文のように英文を何通りも使いこなすことができると、「この人はきっと英語ができるに違いない」とネイティブに思わせることも可能なようですよ。そう思ってもらえるまで、ビジネス英語を勉強してみたいですね。

<参考サイト>
BusinessEnglishPod

ビジネス英会話の社会的ニーズ

ビジネス英会話の社会的ニーズ平成26年度の時点で、日本には3,000を超える外資系企業が存在しました。その中で北米の企業が占める割合は1/4。中国や台湾の企業ももちろんありますが、英語が世界の共通語になっている現在、企業が国外に出た時に使用する言語としては、より多くの人とコミュニケーションをとることができる英語が流暢に話せることが求められる場合があります。

外資系企業には通訳の人が存在する可能性は高いですが、毎回他の社員の人とコミュニケーションを取るために連れ回すということはできません。その場合は自分で話すしかありませんので、初対面の人相手でカジュアルすぎない表現が入ったビジネス英語を身につけておく必要があります。

また、もし仮に将来転職をすることになったとしてもビジネス英語を話せれば機会も増えますので、あなたにとってはとてもいい利点になります。国際化社会が進むにつれ、これからますます外資系が増えていくことが想像できるこの世の中。日本の多くの企業も外国に支社を持っていたり、共同事業をしているところが多いです。日本語だけであなたを売り込める市場は今までと変わりが無いか変化が少なく、その一方で英語を使うことでビジネスの場が広がるのであれば、勉強をして身につけたほうが将来のためにもなるでしょう。

オンライン英会話におけるビジネス英会話

オンライン英会話におけるビジネス英会話オンラインのビジネス英会話では、細かく内容が分かれている場合があります。例えば電話での英会話、メールの書き方、会議での言い回し、ディスカッションの仕方など、様々な場面で使える表現を学ぶことができます。ビジネス英会話をオンラインで学ぶ際には、2通りで進めていくことができます。一つはビジネス英会話として大きく括られた枠の中から「入門コース」「基礎コース」「中級コース」「上級コース」とレベルごとに選ぶ方法。もう一つはお伝えしたような「電話ビジネス英語」「メールビジネス英語」のような、目的ごとにマスターをしていく方法です。

もう少し詳しくお伝えすると、例えばビジネス英語の大枠の中から「入門コース」を予約したとします。大抵は2人の会話文がテキストに収められているので、まず一番最初に本文を先生と一緒に読み上げ、不明な単語があれば質問をしたり、質問がなければ先生から単語の意味を聞かれたりします。そして内容をしっかりと把握できたら、その後に内容に関してのクイズを解き、内容と新しい表現の理解を深めます。そして習った表現を使ったロールプレイを行い、最後にその場面に関してや他のトピックに関してのディスカッションを行うという授業の流れになっています。また、トピックごとに分かれている授業に関しては、そのトピックに関する本文を、先生と交代か一人ですべて読み上げます。そして単語や表現のチェックをし、先生からそのトピックに関するより詳しい説明をしてもらいます。そして習ったことを元にして例文をいくつか作成し、正しいかどうかを先生に判断してもらったり、別の表現で言い換えることができるかなどを教えてもらいます。最後にこのようなシチュエーションであればどう答えるかなどのディベートをしたり、語句を入れ替え再度ロールプレイを行うという授業の流れになっています。一回の授業は25分であるオンライン学校が多い中で、短時間でしっかりと勉強できるかなと不安に思う方もいるかもしれませんが、先生が上手に授業進行をしてくれ一秒の無駄もなく、そして一度でも多く習った表現を授業の中で使うようにしてくれるので、復習と合わせることで効率よく学ぶことができるようになっています。

また、他にオンライン英会話でのビジネス英語で学べることとしては、文化です。お伝えしましたように、日本語と英語では表現方法が全く違い、日本語の言い回しをそのまま英訳すれば通じるというものではありません。英語を話す際にはその文化から生まれた表現を学び、そのまま使えるようになることが必要です。オンライン英会話では、ネイティブの先生や第二外国語として様々なビジネスの場面で英語を使用し活躍した先生が、数多くいます。そういった先生から現場で実際に使われている様々な表現を教えてもらいながら練習をすることができ、また対面式で教えてもらえる学校よりもコストパフォーマンスも良い場合が多いので、オンライン英会話教室でビジネス英語を学ぶことはとてもオススメになります。

オンライン英会話でビジネス英会話を学ぶメリット

オンライン英会話でビジネス英会話を学ぶメリットオンライン英会話では日常会話、旅行会話、TOEICなどのコースとともにビジネス英会話のコースを持つ学校がほとんどです。ビジネス英会話だけを集中して学ぶのもいいですが、他のコースと並行して学ぶことができる学校もありますので、自分の時間とやる気さえあればいろいろな表現の英語を幅広く学ぶことができるところが、オンライン英会話のメリットと言えます。そんな中、ビジネス英会話についてのサイトがたくさん世の中に溢れているので、それらを見て自分で勉強できると思う方もいるでしょう。しかし読んだり目で追うだけでは、いざという時に使えないということも。言語学習の一番いい方法は、やはり使ってみることです。オンライン英会話では先生を相手にしてロールプレイを行ったり、先生の発言に対して自分で考えて即時に答えなければいけないので、実際の場面に似たシチュエーションで学ぶことができます。

そしてもう一つのメリットは、授業時間の長さと授業を受けることができる時間帯。対面式の英会話だと、おそらく最大でも夜10時までしか授業を受けることができないと思います。しかしオンライン英会話は夜中12時まで授業を行うことができたり、素晴らしいところでは24時間営業をしている学校もあります。また、一度の授業が25分程度と長く時間を拘束されないものになっているので、毎日自分の都合のつく時間に授業を行うことができます。そうすることで学習を継続させることができ、ビジネス英語を身体に染み込ませることができるのです。

最後にて最大のメリットは前章でもお伝えしましたが、その価格。対面式で英語を習うことは、日常会話でもなかなかお金がかかります。ましてやビジネス英語のような専門性があるものは、金額が高い場合が多いです。しかし、学校により差はありますがオンライン英会話であれば、全体的にお手頃な価格で授業を受けることができます。自主学習教材を提供してくれる学校もありますので、普段の授業の予習復習と合わせてそれを学習し、ビジネス英語の能力を高めていくことができます。

オンライン英会話にてビジネス英会話を受ける際の注意点

オンライン英会話にてビジネス英会話を受ける際の注意点一番気をつけて欲しいのが、ネット環境。対面式で授業を受けるのであれば声が聞こえなくなるといったことはありませんが、インターネットでつながっているオンライン教室は、私たち側のネット環境と先生側のネット環境が作用します。授業が途切れてしまうと集中力も途切れてしまう可能性がありますので、ネット環境をしっかりと整えておくことをオススメします。また、マイク付きイヤホンで授業を受けることで英語をしっかりと聞き取ることができるので、準備をしておきましょう。しっかりと準備をすることで英会話教室まで通う時間も全くなく、自分の時間を無駄にすることなくビジネス英会話を学ぶことができるようになっています。

もう一つは、先生がどこで授業を行ってくれるかによって、雑音が入ったりする可能性があるということです。対面式の英会話も窓を開けていれば雑音が入ってくることがありますが、例えばフィリピンにいる先生の中には家の中が暑くていつも窓を開けている人もいます。そんな時には車のクラクションが聞こえてきたり他の人の話し声が聞こえてくる可能性もあります。しかし、もしそのようなことが発生した場合は、恥ずかしがらず先生に伝えることで改善してくれることなので、安心してください。

オンライン英会話にてビジネス英会話を上達させるためのコツ

オンライン英会話にてビジネス英会話を上達させるためのコツ今まで英語の学習をしてきた中で、あなた自身の学習スタイルを把握していますか?例えば、単語などを書くことで身につけられる人、英語で書かれた文を見つめることで記憶し習得してきた人など、色々な方がいると思います。人間は一般的に、何かを習得する際には五感のいずれかを強く働かせ、体に染み込ませていきます。そして大まかに、ビジュアル・ラーナー(視覚を使って学ぶ人)、オーディオ・ラーナー(聴覚を使って学ぶ人)、インテレクチュアル・ラーナー(頭脳を使って学ぶ人)、キネセティック・ラーナー(体を動かすことにより学ぶ人)の4つに分かれていると言われております。新しいことを覚えるというのは時間もかかり大変なことですが、ご自身がどのタイプの学習方法なのかを自己分析し知ることで、それに沿った復習方法を実践するとより早い上達につながるでしょう。

例えば「見る」ことで学習をするビジュアル・ラーナーの方であれば、先生の口の形を集中して見て覚え、自分で全く同じようにできるように鏡でチェックしながら発音をしたり、色々なシチュエーションのビジネス系のドラマなどを見ながら、その場面に当てはまる英語を覚えていったりすることができるでしょう。

「聞く」ことで学習するオーディオ・ラーナーの方はとにかく先生の発音を何度も聞くことが大切になります。先生と同じ発音を自分でも全く同じように発音ができるまで練習したり、自分の声を録音し聞きながら正しい発音を身につけることができます。また、自分のレベルと同じか少し下のレベルのビジネスフレーズのCDやオーディオを聞き続けることにより、様々な表現を身につけることができるでしょう。オンライン英会話の授業を録音し、復習に使用するのもいい手です。

次に、インテレクチュアル・ラーナーの方は「問題を解くこと」で学習をしていきます。授業で解いた問題を後日解くのも有効ですが、先生に自分にあったビジネス問題集があるかや、いいインターネット教材があるかを一度聞いてみることをオススメします。授業で習った内容と同じ問題を沢山解くことで身につけられるので、数をこなしていくことがこちらの学習方法の方には欠かせません。
最後にキネセティック・ラーナーの方の学習方法ですが、こちらに該当する筆者は「書く」ことで学習をします。オンライン英会話だと基本的にテキストがインターネット上にあり、先生も自分もスカイプのチャットボックスに入力し授業を行います。タイピングはあまり筆者にとっては効果がありませんので、ノートに書き移しながらそれを口に出して発音していくことで新しい表現などを身につけることができています。もしくは、サービス業などのビジネス会話であれば、お客様に笑顔で身振り手振りを使って語りかけることもあるでしょう。その動作を体全体で行いながら英語を話すことで、聞いたり見たりするだけよりも効率よくビジネス英語を身につけることができますので、ぜひ参考にしてみてください。

ビジネス英会話とTOEICなど英語資格

ビジネス英会話とTOEICなど英語資格新しい仕事に応募する際や他の人に自分の英語能力を示す時には、目に見える数字や証明が必要なのが英語圏でのビジネスの世界。そのようなスコアがなく自分の能力を披露するだけでもいい場合ももしかしたらあるかもしれませんが、一般的にはどの人があなたの履歴書を見てもあなたの能力がわかるように準備をしておくことが必要です。また、応募者が多数いる場合には書類審査がありますので、その際に英語ができることを書類から把握することができなかったり記載されているスコアが低いと、通過することは難しいでしょう。日本国内にある外資系の会社を受ける際に有利だろうと思われる資格が、日本で知名度が高いTOEICや英検、国連英検。しかもあまり低い点数は履歴書に書いてもあまり効果がないので、TOEICであれば600点以上、英検は2級以上、国連英検ならB級以上を記載するようにしたいですね。面接の機会が回ってきたのであれば、資格が取りたかったから取ったと伝えるのではなく、あなたにはある目標があり、それを達成するためにこの資格が必要だったということを伝えることが、外資系企業への転職の際には大切になってきます。また、駐在員を立候補制で選ぶ企業があるとしたら、語学が堪能な人の方が有利には間違いないので、海外移住や海外での勤務に興味がある方はこれらの学習をしておくと良いでしょう。

このようにビジネス英語とは少し違いますが、特別な勉強を行いコツを掴むことで高得点を狙えるテストに関しての学習も、オンライン英会話で学習することができます。各学校により流れは変わりますが、資格系コースのだいたいの流れはこのような感じです。①目標設定→②写真描写問題や短文穴埋め、長文読解などに使えるリスニング・リーディーング・語彙などの各スキルを学校独自の教材を使いアップしていく→③先生からのフィードバックやアドバイスを取り入れつつ復習と、次の授業の予習の繰り返し→④テスト受験になります。一番資格として有効なTOEICの点数別に鍛えなければいけないポイントを述べますと、〜500点辺りの方はまずは中学時代にならった文法力と語彙力の強化、500〜800点辺りの方はひたすらTOEIC擬似問題を時問題に慣れながら文法力と語彙力の強化、それ以上の方は英字新聞やTEDなど、より幅広い英語に触れながらの文法力と語彙力の強化が必要になってきます。これに沿った学校独自の教科書を復習と予習を繰り返し活用していくことで、効率よくあなたのスキルを高めていくことがオンライン英会話の学校では可能です。

おすすめのビジネス英会話向けオンライン英会話

DMM英会話(ビジネス英会話レッスン)

DMM英会話
このDMM英会話はおそらく他の学校と比べても、世界中から集まっている先生の数が一番多い学校。厳しい採用試験を乗り越えた5,318人もの先生が60カ国以上から集まっているので、きっとあなたにぴったりな先生が見つかるでしょう。また、出身国が違う先生に教えてもらうことにより、「色々な国の人の英語に聞き慣れること」も可能。ビジネスの場面ではネイティブの人と一緒に働くよりも、第二外国語として英語を話している人と接する機会が多いこともあります。そんな時にネイティブの英語をしっかりと聞いて勉強してきたと思ったのに「全然聞き取れない」では、コミュニケーションをとることが難しくなってしまいますが、その対策ができるのも、この学校の特徴です。しかし発音がネイティブ並みの先生はたくさんいますので、安心してください。

そしてこの学校の最大の特徴と言ってもいいのが、「24時間いつでもレッスンを受けられる」こと。オンラインの学校と言っても、夜の11、12時までしか授業を受けられないという学校もあります。仕事が定時に終わればいいのですが、残業をして家に帰り、夕食を食べて落ち着いた後だとこの時間をゆうに超えてしまうこともあるでしょう。DMM英会話であれば24時間いつもで受けることができるので、イヤホンマイクをつけ、家族の邪魔にならないようにリビングで静かに授業を受けることができます。また、一回の授業が25分であることにより、毎日継続して授業を受けやすくもなっています。1週間に2、3回一時間の授業を受けるよりも、短時間でもいいので継続して続けることが、英語の勉強には必要になってきます。

また、DMM英会話はオンライン英会話の中でも大手。豊富なビジネス用教材があると共に、TOEICやIELTS、英検などの教材も取り揃えています。他にはベストセラーにもなった「瞬間英作文シリーズ」の本と提携を結んでおり、こちらも無料で勉強することができます。また、「iKnow!」という180万人以上のユーザーが登録して英語を勉強しているアプリも、一ヶ月通常で1,480円使用料がかかりますが、DMM英会話で英語を習っていれば無料で使用可能。単語力・リスニング力・英作文能力を効果的に鍛えることができ、私たちが一度習った単語を忘れそうになっている頃に改めて復習用のテストをしてくれたりと、長期記憶に刷り込んでくれるような学習を行うことができるなど、とても効果的な学習ができるアプリです。

対面式の英会話教室だと月に4回程度で1万円以上かかることもありますが、このDMM英会話は毎日25分授業を1回受けられるスタンダードプランは、税込みで5,500円ととてもお得な料金になっています。現在2回分のレッスンを2回お試しで受けることができるので、雰囲気をつかみたいという方はぜひご検討してみてください。

DMM英会話のオススメのコース

ビジネス
デイリーニュース・ライト
デイリーニュース
Passport to work
シーン別本当に使える実践ビジネス英語
洗練された会話のための英語表現集
働く女性の英語術
働く女性の英語術2
絶対「英語の耳」になる!ビジネス英語リスニング難関トレーニング50

ビズメイツ(Bizmates)

ビズメイツ(Bizmates)
オンライン英会話は日常英会話や旅行英会話、発音などのコースを取り入れているところが多いですが、このビズメイツの特徴は何と言っても「ビジネス英語に特化している」ということ。講師も700人近くが在籍中。ビジネス経験が豊富の先生ばかりで、ビズメイツ独自の実践場面で使用できるオリジナル教材を使い、スキルを磨いていくことが可能なオンライン英会話学校です。ここで一つ目の他のオンライン学校との違いが、テキスト上にある用語を学ぶだけではなく、ビジネス経験豊富な先生から現場の様子を聞いたり、現場で実際に使われている英語のアドバイスを受けることができるということ。ビジネス英語といっても基本的な部分は同じですが、サービス業とエンジニア業では使う専門用語などが異なります。他のオンライン英会話学校では年齢が若い大学生の先生や社会人経験が浅い先生が友達のような感覚で英語を教えてくれるところもありますが、このビズメイツでは英語を使った職場経験があったり、社会人経験が長い先生ばかりなので、その業界にいた先生たちが実際の職場でどんな表現を使ってきたかなどの「生きた英語」を学ぶことができます。

また、25分という短い時間の中でどれだけ効率的にレッスンを行うかがオンライン英会話レッスンにとって大切です。この点に関して二つ目の他のオンライン英会話学校との違いが、ビズメイツでは受講者が効果的に英語を学習できるような流れがしかりと確立されているということです。無駄なく効率よく行うことで、生徒が授業を楽しみながら、そして記憶に残るような授業にしています。その流れとしては最初に挨拶と前回の授業の復習、その後本日の例文理解と重要表現の確認、その表現を実際に使用し講師から正しい使い方の説明を受ける、講師とのロールプレイ、受講生へのフィードバックと次回の授業までに覚えておいてほしいことの確認を行い、無駄のないスケジュールになっています。そして、違う先生のレッスンを選択したとしても同じように授業を進行してくれるので、先生が変わるたびに先生の授業スタイルに慣れなければいけないというストレスを感じることもありません。先生たちの教育がしっかりとしているということも感じられ、安心してビズメイツでは授業を受けられると思います。

毎日1回25分間ビジネス英語のレッスンをみっちり行うことができるプランだと、税込みで12,000円。時期によりキャンペーンを行っている時もありますので、ご興味のある方は随時チェックすることをお勧めします。雰囲気をまず掴みたいという方は、無料体験レッスンを1回受けることができますので、気軽に登録をしてみてください。

ビズメイツのオススメのコース

ビズメイツプログラム(基本的なビジネス英語)
アザープログラムズ(Eメール、プレゼンテーション、電話会議などの分野毎ビジネス英語)

ベストティーチャー(BestTeacher)

ベストティーチャー(Best Teacher)
ベストティーチャーはとてもユニークで、効果的なビジネス英語の学習をさせてくれる学校です。どうユニークかというと、「書けないものは話せない」というコンセプトの元「ライティングレッスン」と「スカイプレッスン」の二つを通し、自分なりの英語を話せるという段階まで成長させてくれるところです。筆者が受けた体験レッスンをもとに授業の流れをお伝えすると、登録後、まず始めにライティングレッスンが始まりました。「このトピックについて2分程でスピーチをすると仮定して、1500文字くらいで自分の意見を書きなさい」とwebページのリンクとともに連絡が来ました。書き終わった後提出すると、添削をしてくれた先生から文法の間違いの指摘と、こういう視点で考えてみて表現してみてはどうかというアドバイスとともに返信が届きました。それに対しての意見を英文で350文字にまとめもう一度提出すると、再度別の先生から文法の間違いと次にこういう考え方はどうかというアドバイスをもらいました。返信は30分から6時間以内に来るので、覚えている内に作文を済ませることができるということと、全て違う先生と全部で5往復やり取りをすることで、いろいろな先生の自分が書いた英語に対する意見を聞くことができ、自分の言いたいことがまとまった英文を仕上げることができました。また、返信をしてくれた先生が音声を録音して添付してくれるので、それぞれの英文に対しての発音を聞くこともできました。そして次がスカイプレッスン。その前にサイト上で作成した英文に関しての復習を行うことができ、それが終了したら50カ国以上に在籍する先生の中から授業を受けたい先生を選び、ライティングレッスンで仕上げた自分の英文を読み上げ発音のチェックと、内容の不明点を聞くことができます。授業後には先生から自分の英語に対しての評価と、改善点などのアドバイスをいただくこともできます。

筆者がいろいろなサイトをめぐり、英語を上達させるいい道を探していた時に発見した方法の中に「英語を積極的に書き、それを添削してもらい、その文を丸ごと覚えることを継続する」というものがありました。英語を勉強している中で話している途中に簡単に文法などを直されることがあっても、すぐ忘れてしまうことの方が多いですし。また、英語日記などを誰かに添削してもらおうとしても、友達に添削を頼むのは気まずかったり、ネットなどに載せても誰も添削をしてくれないということがあります。このベストティーチャーでは形に残る添削をしっかりとしてもらえ、発音に関しても厳しく指摘してもらうことができるので、継続をすることで間違いなく英語の能力が上がるだろうと感じられるオンライン英会話学校です。

学べるトピックは1,000以上。そして全てのコースが24時間受講可能で回数無制限のライティングレッスンとスカイプレッスンの組み合わせになっており、作文能力と発音・リスニング能力を鍛えることができます。日常会話とビジネス英会話を同時に学ぶことができる通常コースは、月9,800円。英検対策コースは月15,120円で、その他の資格コースは16,200円。試験対策コースは問題集もたっぷりと解くことができるので、書いたり話す力とともに、読解力も身につけることができます。体験レッスンを一度受けることが可能ですが、この一回でも英作文をするのはとても大変だということを感じ、その能力を上げるためのサポートをどれだけの先生がしてくれているかという状況を感じとることが十分にできます。ご興味がある方は是非挑戦してみてください。

ベストティーチャーのオススメのコース

通常コース
TOEFL iBT対策コース
IELTS対策コース
TOEIC SW対策コース
英検1級/準1級/2級対策コース

イングリッシュライブ(English Live)

イングリッシュライブ(English Live)
ご紹介してきたオンライン英会話学校は、フィリピンの先生が多かったり、英語を第二外国語として習得した先生が教えてくれる学校でした。勿論英語で仕事をしたりネイティブの人に混じって交流をしてきた先生ばかりですが、やはりネイティブの人の発音を聞いて勉強したいなと思う人もいると思います。このイングリッシュライブではなんと、2,000人以上いる先生が全てネイティブ。イギリス英語・アメリカ英語などの差はありますが、本場の綺麗な発音を聞きながら授業を行うことができるという特徴があります。また、オンライン英会話レッスンで顔出しはたまに恥ずかしなと感じる人にとっては嬉しい、顔出し無しでレッスンが受けれます。

もう二つご紹介したい特徴は、グループレッスンで他国の英語学習者と一緒に授業を受けたり交流ができることと、オンライン英語教材が使い放題という点です。英語を学ぶ一番の方法は友達と話したりなどして楽しく学ぶことです。オンライン英会話学校では時に真面目になりすぎて、その気持ちを忘れてしまうことがあるときも。そんな時にグループレッスンで知り合った人と友達になり趣味の話をしたり、授業後に内容についてのディスカッションを一緒にすることができるとより英語学習が楽しく感じられると思います。また、ネイティブの先生に授業をしてもらうとはいえ、ビジネスの場で実際に一緒に働くのは、一緒に授業を受けているような人たちが多いはず。交流をしいろいろな国の人の発音を聞いて耳を慣れさせたり、考え方の違いなどを学ぶことができれば、仕事の際にも役に立つことでしょう。

もう一つの特徴であるオンライン英語学習教材は、予習復習のツールとしてもピッタリ。問題をすべてクリアしなくては次に移ることができないので、理解をするまで問題を解き続けるということになることもあります。また、発音も録音し確認することができるので、自分でどの発音がまだ上手ではないかの自覚を持ちながら学習することができます。リスニング・スピーキング・リーディング・ネイティブの先生による添削が付いているライティングの問題を解いていくことと、オンライン英会話レッスンで自分の意見を言う力をつけていくという流れで英語力を身につけていくオンライン英会話学校です。
最初の授業で英語のレベルを診断してから授業スタート。24時間いつでも受けることができるマンツーマンレッスン(1回40分 ・月4回)やグループレッスン(1回45分・月20回)、授業後の進捗レポートをもらうことができ、月額6,900円。イングリッシュライブはコース別に料金が分かれるという形ではなく、月の使用料がこの金額なので、ビジネス英語コースと資格系対策コースを同時進行で学習していくことができます。お得感を感じますね。現在はなんと1週間無料で授業が受けられる体験を行っています。どんな内容のテキストがあるのか、オンライン上で他の国の人と一緒に勉強するのはどんな感じなのかに興味がある方は、ぜひ登録してみてください。

イングリッシュライブのオススメのコース

ビジネスコース
職業別英語コース
TOEIC/TOEFUL試験対策コース

レアジョブ英会話

レアジョブ(rarejob)
オンライン英会話大手の一つである「レアジョブ」。業界最多クラスの4,000人以上のフィリピン人の先生がおり、日本語を話せる初心者の生徒でも安心できる先生、社会人経験が長くビジネス英語などの専門知識を持ている先生、大学生で友達のように交流できる先生など、様々なタイプの先生から英語を学ぶことができます。先生たちはレアジョブの日本人専門家から日本文化や基本的な日本語、英語教授法の厳しいトレーニングを受け、合格をしなければ生徒にレッスンを行うことができません。レッスンを提供し始めてからも品質管理チームの厳しいモニタリングが常に入り、より生徒の満足度が上がるようにトレーニングを繰り返し行い、授業の質の向上に常に気をつけているそうです。
一番最初の授業ではレベル分けの授業があり、その結果と自分の希望を考慮されオススメの授業を教えてくれます。自分で学びたいものと現在のレベルがミスマッチしている場合は授業を開始したとしても難しすぎたり、簡単すぎたりしてやる気をなくしてしまうという可能性もあります。そのようなことが起こらないようにレベル分けの授業で診断されたレベルから学習を開始し、徐々に英語力を上げていくことができます。また、業界最大手の実績から生徒にとって効率がいいカリキュラムを幾つか用意し、担当の先生の厳しいチェックを受け一つ一つクリアしていくことにより、英語を使って会話できる範囲が広がっていきます。
教材に関してはレアジョブ独自の教材や市販の教材の3,000以上もある選択肢の中から、目的に合わせた教材で学習することが可能です。対策が必要な資格系コースであるTOEICコースは、TOEIC公式問題集作成経験がある「メディアビーコン社」と協力し作られた演習問題を解くことで、本番のテストに慣れることができます。
ご紹介した様々な教材を使うことができる日常英会話とビジネス英会話、そして日本人カウンセリングのオプションがつき、月に10,780円。TOEICまずは600点を目指して勉強したいという方は、TOEIC対策コースを月5,180円から受講可能です。どちらも25分間の授業を毎日行うことで、あなたの英語力をアップさせます。そして一つ目のビジネス英会話コースであれば、「ビジネス認定講師」と呼ばれるビジネスのスペシャリストの先生の授業を選択することもできます。より深くビジネス英語を勉強したいという方にはとてもオススメなので、ぜひ体験レッスン2回を使い、レアジョブの学校の良さを感じて頂ければと思います。

レアジョブ英会話のオススメのコース

ビジネス英会話コース
TOEIC対策コース

まとめ

数々のオンライン英会話学校をご紹介しましたが、それぞれの学校には、他の学校が持っていない特徴がいろいろあります。一対一の授業がいいか、24時間受けられる方が自分のワークスタイルに合っているか、無理なく続けられそうか、作文能力も身に付けたいかなど、あなたがどの部分を優先させるかにより選ぶ学校が変わっていくことでしょう。しかしどの学校を選んでも言えることは、英語の能力が上がるかどうかは学習継続とあなたのやる気が大事。そうすることで提供される授業の内容を少しずつ身につけていき、本番でも使えるような英語に昇華させていくことができます。そのための素晴らしい教材、素晴らしい先生たちが、ご紹介したオンライン英会話学校には揃っています。
ビジネス英語は確かに難しいです。日本語でも敬語を間違った使い方をするとその人のイメージに関わってきますが、英語も同じこと。第二言語だから間違った言い方をしても許されるだろうと思って英語を話してしまう方と、第二言語だから失敗を重ねながらも勉強をし、身につけて仕事で披露できる方と上司や周りからの評価もきっと変わってくるでしょう。それに、海外の同僚と深い話をできる方が仕事もきっと楽しくなってくるはず!そんなあなたの未来の姿を想像しながら、ビジネス英語の勉強を頑張りましょう!

スポンサーリンク